アラゴナイトサンドの話
カルシウムリアクターの話
酸化と還元
ろ過とバクテリア
pHとKHの話
プロテインスキマーの話
バクテリアの話
本文へジャンプ

AQUA GEEKは本気です

知識 Knowledge

難しい話もありますが、水槽内で魚やサンゴを飼育していくために役に立ち、また正しく理解することでトラブルの原因解明、回避にも役立つものと思います。断片的な知識を繋げ合わせ、理に適った大きく深い知識へと導きたい、更なる高みを目指す為に、より高い知識、正しい知識を求める方へ。。。
水槽内でどうしても発生してしまう問題物質アンモニアを硝化細菌の働きで硝酸塩に変えてしまう生物ろ過が広く理解されました。しかしサンゴ飼育には硝酸塩は大敵であり、硝化反応時に水は酸性に傾くことなどから硝化細菌だけに頼らないろ過という考え方が生まれプロテインスキマーなどの器具が登場してきました。そして処理能力の高いプロテインスキマーの登場で硝化細菌に頼りきっていたろ過システム自体が一遍されてベルリンシステムなるものが登場しました。さらにカルシウムリアウターの登場でサンゴ(特にミドリイシ類)の飼育は今や海水魚の飼育より容易になったといっても過言ではありません。飼育が容易になったと同時に飼育レベルも上がり、アクアリストの求めるレベルも当然、高くなってきています。
近年、海水魚、サンゴ飼育は飼育器具の品質や機能が向上したおかげで以前より容易に、更に高いレベルでの飼育が可能になりました。飼育のレベルが上がるという事は、経験に基づくノウハウに加えより高い知識というものも必要になってくると私たちは考えています。安易に高価な器具を導入しただけでは、その能力を充分に活用出来なかったり場合によってはトラブルの要因にもなりかねません。より深く理解し、正しい判断ができる知識を身に付け活用していくことがこれからは必要であると考えています。

Copyright (C) 2008 株式会社ハートトレード

 
特集
TOP
お問い合せ
会社概要
Q&A
水槽化学
得意先一覧
最新情報
取扱い商品

Produced by ハートトレード

AQUA GEEK

カテゴリー

得意先一覧